2009年11月13日

穏やかで、とても礼儀正しく、繊細で、良い男のロベルト・エンケ

ドイツ代表GKのエンケ 列車に飛び込み自殺

エンケの主治医は11日、同選手がうつ病で苦しんでいたことを明かした。主治医によると、同選手は当時所属していたスペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)から期限付きでトルコ1部リーグのフェネルバフチェ(Fenerbahce)に移籍した2003年から治療を受けていたという。


エンケの死にショックのモウリーニョ
「彼は穏やかで、とても礼儀正しく、繊細で、良い男であり、そしてプロフェッショナルだった」
http://news.livedoor.com/article/detail/4446661/

ロベルト・エンケの続報です。
 やはり心労がどうしようもなかったのですね。
繊細で良い人は長生きしないと言いますが、寧ろ良い人程長生きできる世の中であって欲しいと願いします。


posted by チョコ at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本や海外の出来事やまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。