2009年11月01日

ギフテットスクール

ギフテットスクールを今テレビでやってますね
天才教育に関しては日本は過剰教育という雰囲気が醸しだされて、兎角お受験教育の延長線上で熱心過ぎる親御さんと印象付けますが、海外のそれを見る限りでは、「与えた、押し付けた」というよりは「良い環境をプレゼントした」という感じがしますね。
 勿論、編集して良い部分にスポットを当ててるから良く見えてしまうのですが、日本では良く見せようとしてもここまで主体性のある子供たちを見ることはあまりないでしょうね。
 今更アメリカナイズドするのが良いとも思えない時代ですが、次世代を担う子供たちはもっと伸び伸びと才能を育む環境をプレゼントできると良いなぁと思います。
 まさにギフテット(gifted)ですね。
ギフテッド (Gifted)は先天的に平均よりも顕著に高い能力を持っていることである。その傾向は誕生時から生涯にかけて見られる。世間的な成功を収めることではなく、学び方の素質や生まれつきの学習能力を持つことを指す。ギフテッドを英才児、優秀児、天才児などと訳すが、日本では「飛び級できるような賢い子」という一面でしか捉えられておらず誤解が生じているため、本項ではギフテッドと称する。
* 賢明:知能指数 115以上、6人に1人の割合、上位16%
* 中程度にギフテッド:130以上、50人に1人、上位2.1%
* 高度にギフテッド:145以上、1000人に1人、上位0.1%
* 並外れたギフテッド:160以上、3万人に1人、上位0.003%
* 完全なギフテッド:175以上、3百万人に1人、上位0.00003%
wikipedia
posted by チョコ at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギフテットスクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。